自分に合う仕事が見つかる求人情報誌の活用法

深夜でも利用できる

タクシードライバーのお仕事事情

普段の移動手段として一般的にタクシーはあまり使わないですが、ビジネスシーン以外でも意外とタクシーを利用する場面は多く、飲み会で予想以上に盛り上がってしまい最終電車を逃してしまったり、家族や身内が突然の傷病で病院へ駆けつけないといけない時に一刻も早くと、普段利用しない方でも一度はタクシーを使った経験はあるのではないでしょうか。必要な時にすぐ移動手段を提供してくれるタクシードライバーですが、必要な時に必要なサービスを提供する為に勤務体系は少し特殊になっております。タクシードライバーはいつでも動けるように2日間を1回の勤務としていて、休憩を挟み最大で21時間通しで働いており、2日目は「明け番」と呼び長時間勤務の疲労回復として体を休めています。

タクシードライバーの給与体系の種類

タクシードライバーの給与体系は会社によってさまざまですが、基本的には歩相給を採用しており、毎月支給される金額と営業売上の5割を合算し給与として支払われます。タクシードライバーが職場選びの際考慮するポイントはやはり自身のライフスタイルに沿った給与携帯の会社の選択です。歩相給プラス固定給や各種手当が支払われる賃金形態の会社は、当月の営業成績が悪くても固定給があるので月収は安定し、貯蓄や自身のライフプランを立てやすくなっています。その反面自分の頑張りがなかなか給与に反映されないという側面もあります。完全歩相制の会社ではボーナスも無いかわりに、毎月の営業収入によって高給を得る事が出来るので営業努力が実らない時はリスクはありまあすが、頑張りが反映されやすいという側面を持ちます。

Copyright© 2015 失敗しない求人情報を見つける方法を知ろう